十三夜考:月はなぜ青いのか

 頃は明治初期、是が非でもと先方から請われ、裕福な旧家、原田に嫁ぎ一児の母となるも、官僚の夫が優しかったのは結婚当初だけ、何処ぞで遊んできては家に帰るなり、教養のない無能な妻だと蔑み罵倒し当たり散らす鬼のような男。そんな夫に耐えかね、こどもを置いて家を出て、実家の親に相談するも、このまま離縁となれば、子の太郎が不憫、二度と太郎に会わせては貰えぬ、一生後悔しなければならぬと諭され、原田の家に戻るしかないお関。その帰り道に出会った人力車の車夫の、十三夜の月に照らされたその顔は、かっての想い人、今は、安宿の村田の2階に住んでいるという録之助。家や古いしきたりに縛られ、夫の横暴にも耐えるしかなかった明治の女性の悲哀を描いた、樋口一葉の短編小説「十三夜」。

 河岸の柳の行きずりに ふと見合わせる顔と顔
 立ちどまり 懐かしいやら 嬉しいやら
 青い月夜の 十三夜

      作詞:石松秋二、作曲:長津義司

 一葉の小説から、ほぼ半世紀が経った昭和16年に、歌謡曲「十三夜」がつくられたが、当時の歌謡界は、朝ドラ、「エール」にも見られるように軍歌一色。戦後になって、榎本美佐江や島倉千代子など、多くの女性歌手が歌い、その歌声が家庭に普及したラジオから流れていた。しかし、戦後につくられ、大ヒットした、もう一つの月の歌の題名は「月がとっても青いから」。月が青いのか、それとも空が青いのか。その後も、青い月など見たことはないが、少年の頃からの疑問に、後期高齢者になって、やっと納得できる答を見つけることができた。

 十三夜とは旧暦9月13日だが、この日の月と、約1月前の中秋の名月と呼ばれる旧暦8月15日満月は、一年で一番美しい月とされている。満月の出る時刻は、日没とほぼ同時だが、月は一日ごとに遅れて出る(楓橋夜泊)。その遅れは累積し、次の満月は再び日没時に昇る。満月から次の満月までは約29.5日、つまり、1朔望月の間に、24時間遅れるから、一日当たり、平均的に49分遅れることになる。さらに、この時期は日没は一日毎に早くなる。

 2020年の中秋の名月は10月1日であり、十三夜は10月29日である。10月1日の長崎での日の入りは18:05、月の出は18:08である。一方、10月29日の十三夜の月のでは16:39であり、日の入りの17:33より、1時間近く早い。ちなみに2021年の中秋の名月は日没の約30分後に昇りは始め、十三夜の月は日没の約1時間前に昇る。その年によって異なるが、山の稜線の向こうに夕日が沈んだ後に昇る中秋の名月に比べ、十三夜の月は、そのかなり前に昇る。

 写真は、今年2020年の十三夜の月である。乱視の進んだ目には、月の形だけからは満月との区別がつきにくいが、日没後に昇る満月に対し、今年の十三夜の月は日没より54分早い。秋の日暮は釣瓶落とし、日没後急に暗くなるこの時期に、この時間差は大きい。写真の十三夜の空はまだ青いが、青い月夜とは月が青いのではなく、満月に比べ、空がまだ青いうちに月が昇るという意味ではないだろうか。宇宙や砂漠で見る月はともかく、戦前も戦後も、そして今も、普通に日本で見る月の色はどう見ても黄色のようである。

夢の昔よ別れては 面影ばかり遠い人 
話すにも 何から話す 振袖を  
抱いて泣きたい十三夜 
空に千鳥が飛んでいる 今更泣いてなんとしょう  
さよならと こよない言葉 かけました 
青い月夜の十三夜 

 お別れ申すが惜しいと言つてもこれが夢ならば仕方のない事、 さ、お出なされ、私も帰ります、更けては路が淋しう御座りますぞとて 空車引いてうしろ向く、其人は東へ、此人は南へ、 大路の柳月のかげに靡いて力なささうの塗り下駄のおと、 村田の二階も原田の奥も憂きはお互ひの世におもふ事多し。(青空文庫 樋口一葉 「十三夜」より)

 日没とほぼ同時に昇る満月にくらべ、日暮れを待たず、まだ、空が青いうちに昇る十三夜の月の中途半端さが、人を怪しく魅了するのだろうか。懐かしく嬉しい偶然の出会いも束の間の夢と、未練を振り払うしかない十三夜あれば、「待っててこいさん」と、板場の修行に向かった法善寺横丁の十三夜、そして、たった一言、言えば良かったのに、何も言えなかったあのときの十三夜。今となってはいろいろと思う事多し青い月夜の十三夜。

関連するページ:秋のテニスコートは釣瓶落とし 80日間世界一周

コメント

タイトルとURLをコピーしました